新しい「気づき」を発見するための自由な分析を提供! iDEA セルフ・アナライザー

  • 製品に定義された
    定型分析
    製品に30種以上の指標が定義されています。従来型のBI/DWHと同様に自社で独自に活用している指標を追加し、ユーザー部門へ提供できます。
  • 「気づき」による
    自由な分析
    ユーザー部門自らが日頃の課題を解決するためのデータ分析を支援します。IT部門に新しいレポート作成を依頼するよりも効果的・効率的な分析が可能になります。
  • 複数のシステム/DBと
    データ連携・結合
    社内システムの様々なDBとETLを使用することなく連携・結合が可能です。

自分でデータ分析を行うセルフサービスBI

ユーザ 分析対象のデータ 分析の目的
ビジネスユーザー
・分析の専門家でない人
会社の基盤データや自分の手元の
データを組み合わせて分析を行う
新しい「気づき」を発見するために
自分で分析を行い、その結果をビジネスに活用

iDEA セルフ・アナライザー

  • あらゆるデータソースを見える化

    • ・データソースの場所を問わないデータアクセス
    • ・ビジネスユーザー自身によるデータ連携/収集
  • データ加工の過程の
    見える化

    • ・分析のためのデータ準備として、データの加工や計算によるデータ作成の過程をフローで表示
    • ・新たな分析用データソースとして利用
  • 最適なチャートで
    見える化

    • ・データの特性に合わせた最適な表現でデータに意味を与える
  • 分析アプリの共有

    • ・作成した分析アプリを様々な環境で共有し参照
    • ・各環境から最新データを取得
    • ・ビジネスユーザー同士で素早い問題解決を実現

iDEA セルフ・アナライザーの基本的な機能

30種以上の事前定義された指標を表示

指標例

財務分析
収益性分析
総資本経常利益率、売上高事情利益率、総資本回転率、買掛債務回転率
安全性分析
流動比率、当座比率、現預金比率、売掛債権回転期間
売上分析
都道府県別売上

マウスによる直感的な操作と多彩なグラフ表現

  • 項目をドラッグ&ドロップして、表を作成
  • 表エリアからプルダウンして、グラフやマップを選択
  • 表エリアの項目をドラッグ&ドロップして、縦横変更や階層化

複数のシステムのデータを結合・フィルター等をマウスによる直感的な操作で設定

  • 多彩なデータベースへ接続可能
  • フィルタや列の追加・削除がマウス操作で可能

iDEA セルフ・アナライザーは、Oracle Corporationの製品「Oracle Data Visualization Desktop」にテンプレートを加えた製品です。
文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。


iDEA セルフ・アナライザー サービスについてお気軽にお問い合わせください

iDEA セルフ・アナライザー サービスに関するお問い合わせ・資料請求をこ希望の方は、
以下のボタンをクリックしてください。

お問い合わせ